イカスミ(squid ink/sepia)は何にでも使える黒い食品です。いかすみ粉末(squid ink powder)はイカ墨ショップ(山本産業)までご用命ください。

イカ墨のパワー

イカ墨はただ美味しいだけじゃない、凄いパワーが 隠されています!

イカスミから抗ガン作用のある物質を見つけた!

「ガンを抑制するイカ墨の謎」

拡大画像

参考書籍
「ガンを抑制する イカ墨の謎」
ハート出版《ふるさと文庫》

従来、イカスミはそのほとんどを「黒い未知の物質」として、廃棄されていました。
が、1990年に青森県の佐々木甚一先生他の共同研究により「イカスミに抗腫瘍作用がある物質が含まれる」と各種学会で発表されました。

さあ、それからがたいへん!

腫瘍の研究が専門の佐々木先生の実験は、マウスの腹腔内にがん細胞を注入し、それから2日後、4日後、6日後にイカスミから精製した「ムコ多糖ペプチド複合体」を注射し、ガンの治療を行うものです。
同じ条件でガンを植えつけて治療しなかったマウス5匹は、2~3週間でガンが増殖しすべて死にました。
対して、イカスミの「ムコ多糖ペプチド複合体」を注射した5匹のうち4匹が生き延び、残り1 匹についても約3週間の延命効果がありました。生き延びたマウスは3ヶ月過ぎてもピンピンでガンの再発は見られませんでした。
このことは、体内のがん細胞が死んで、ガンが治癒したことを意味しています。
この実験を3回行いましたが、毎回3~4匹のガンが治り、治癒率は6~8割。
さらに「ムコ多糖ペプチド複合体」を増量して同じ実験を行いましたが、当然ガンは治り、ガンへの効果は間違いないだろうとの結論に達しました。
実験によって効果は立証されましたが、何故効くのかはまだよく分かっていません。
しかし、イカスミの「ムコ多糖ペプチド複合体」が、直接がん細胞に作用しているのではないことはわかっています。
つまり、生体に本来そなわっている防御機構に間接的に働きかけ、免疫システムにかかわる細胞を活性化し、その細胞がガン細胞を攻撃、排除するものと思われます。
マウスの実験では、ただ単に「脂を除いたイカスミそのもの」でも、免疫を増強する効果のあることがわかってきています。

以前から言われてきたイカスミ効果として

1. イカスミ及びイカスミから抽出したものが、黄色ブドウ球菌という食中毒を起こす菌に対して 抗菌作用がある。
⇒ 防腐効果
2. イカスミの色素であるメラニンが、胃液分泌を抑える働きがある。
⇒抗潰瘍薬

何故、食品として受けるか?

真っ黒い食品という意外性。
イカの風味が香ばしく美味しい。
意外性と美味しさのギャップがいいのではないでしょうか。

『イカ墨の愉快な使い方』あれこれ。

●イカ墨で白髪染め(1)
http://portal.nifty.com/koneta05/11/11/02/
●イカスミボールペン
http://portal.nifty.com/2006/05/25/c/

商品のご注文はこちら

ページのトップへ

MENU

  • イカってどんなもの?
  • イカ墨Q&A
  • イカ墨のパワー
  • イカ墨Q&A
  • イカ墨パウダーの販売
    • 商品仕様書
    • 商品の価格
    • 支払い方法
    • 送料について
    • 商品の写真
    • 注文フォーム
  • 特定商取引に基づく表記
  • 個人情報の取扱
  • 会社概要
  • トップページへ

お問合せ先

イカスミパウダー総代理店

山本産業(有)

店長 山本孝一
店長 山本

ご来店有難うございます。
当店は日本で唯一、イカ墨パウダー専門のショップでございます。
昔から健康食材として食べられているイカ墨を、扱いやすいパウダーにして提供しています。なんなりとご相談くだい。

住所

〒002-8074
北海道札幌市北区あいの里
4条5丁目15-7

営業カレンダー