イカスミ(squid ink/sepia)は何にでも使える黒い食品です。いかすみ粉末(squid ink powder)はイカ墨ショップ(山本産業)までご用命ください。

よくある問い合わせ

よくある問い合わせ (順不同/他ページと一部重複しています)

イカの墨だけでできているのですか?


原材料はイカ墨(60%)とデキストリン(40%)です。


いかすみスパゲティに使います。使う量の目安は?


食品全般に共通するのですが、原材料の量のほぼ2%くらいの使用量で黒くなります。
原材料総量が100gだとすると2gになります。


臭いはしますか?


イカスミパウダー本体は、ほとんど臭いません。風味がほんのり香る程度です。
パウダーを「加熱」すると強く臭います。


初めて使おうと思います。どのように使ったらいいですか?


食品ですので、あらゆるものにお使いいただけます。
黒くしたいものには、何にでも使ってみてください。
イカの風味が足りない場合は、イカそのもので足してください。
最近は、水墨画や習字に使われることも多くなってきました。
面白い使い方では、「映画の砂嵐」や「自動車タイヤの色テスト」などにも使われました。


商品のご注文はこちら

価格を教えてください。


50g入り 905円 (以下、全て税込)
200g入り 2,860円
500g入り 6,150円
1kg入り 11,380円

送料は?


全国一律756円 (税込/沖縄・離島を除きます)
商品総額1万円以上ご購入の場合は無料です (当方で負担します) 


国産ですか?


日本国内産です。
原料のイカ墨やタピオカは外国産ですが、島根県の委託工場でパウダーに加工しています。
したがって「イカスミパウダー」は国産ということになります。


イカ墨とたこ墨の違いを教えてください。


【イカ墨は影武者】 イカ墨は粘性があり、吐いた墨はイカのダミーに見せかけて逃げます。
【たこ墨は煙幕】 たこ墨は辺り一面に拡がり、目くらましとなってその隙に逃げます。
イカ墨とたこ墨、どちらが美味しいかですが、よくわかっていません。
なぜなら、イカスミはパスタをはじめとしてよく食べていますが、たこ墨はほとんど流通していません。
だからよくわからないのです・・。
たこ墨には粘性がないので、蛸から取り出しにくくコストが高いというのが一因のようです。 旨み成分のアミノ酸の量は イカ墨 > たこ墨 となっています。


ページのトップへ

MENU

  • イカってどんなもの?
  • イカ墨Q&A
  • イカ墨のパワー
  • イカ墨Q&A
  • イカ墨パウダーの販売
    • 商品仕様書
    • 商品の価格
    • 支払い方法
    • 送料について
    • 商品の写真
    • 注文フォーム
  • 特定商取引に基づく表記
  • 個人情報の取扱
  • 会社概要
  • トップページへ

お問合せ先

イカスミパウダー総代理店

山本産業(有)

店長 山本孝一
店長 山本

ご来店有難うございます。
当店は日本で唯一、イカ墨パウダー専門のショップでございます。
昔から健康食材として食べられているイカ墨を、扱いやすいパウダーにして提供しています。なんなりとご相談くだい。

住所

〒002-8074
北海道札幌市北区あいの里
4条5丁目15-7

営業カレンダー